バラの箸おき3

いくつか作品を描き進めていくと、絵具も少し余ったり、窯もスペースが余ったりするので、
小さい作品を少しづつ描いて焼くようにしています。

これはいつもの箸おき。
たくさんショップにも売っていますが、全面に絵が描けるこの形が私は一番好きです。

c0124313_2327796.jpg

軽くさらりとしたバラにしたいので、まずは線描きで輪郭を描いてしまいます。
線も、ペンで描くより、私はディテールライナーで筆描きします。色はマロン系。
一度焼成します。
フリーハンドなので楽ちんです。

c0124313_23273050.jpg

そして、ローズピンクとホワイトを混ぜた淡いピンクでバラをむらなく塗り、バラの中心や
影はローズピンクで少し濃い目に入れます。
葉は、オリーブグリーンに影にブラックグリーン。それに高温焼成可能な金を入れました。

c0124313_23275040.jpg

3色のバラにしようかと思いましたが、1色でまとめた方があっさりと落ち着いているかな~と
思い1色に。コチラの方が柔らかい感じでやっぱり良かったかな。
[PR]
by angelo0325h | 2008-09-24 23:37 | 贈る絵付け
<< どんな窯を買うのか?? オーダー品 >>