トールペイント展に行ってきました。

c0124313_17583441.jpg

今日は朝起きたら雪・・・・
予想していたこととはいえ、結構吹雪いていたのでびっくり。
でも今日は行くところがあります。

前からメイシェママさんのブログに気になっていたトールペインティング。
とってもセンスがよくて素敵だなぁ~って思っていたのです。
そうしたら、偶然にも三越で、トールペイント展をやっているのを見つけました。

すっごく面白かったです!!
チャイナペインティングは陶磁器に描きます。
今日見たトールの作品は、木、皮革、布などにも描かれていました。
木製の箱や、家具、棚などの大きな作品も。

海外のペインターの作品も同じバラも描いていても個性的で、色使いも淡いのがあったり
濃いものがあったり。
日本の作家の方による展示も、お雛様あり、家具あり。
たくさんの作家の方が春夏秋冬をテーマに描いたものありと、思っていたより見ごたえの
ある展示会でした。
題材の選び方もこういうのがあるんだーーと随分参考になりました。

今回見て面白かったのは、チャイナペインティングが陶磁器に描く物に対して、
トールはいろいろな物に描けること。知らなかったときは木の板に描くのがトールだと思っていました。
ということは、トータルで色々楽しめるということ。
家具と布を同じテーマで描いたり、バリエーションが楽しめるな~と思いました。
鏡の枠や棚も!
チャイナペインティングはその点限られてしまいます。

あとは、チャイナが焼き付ける作業、焼成が絶対必要なのに対してトールはそれがありません。
確かに窯をあける一瞬というのは、最高に楽しみな瞬間なんですけれど、すぐには次の作業に
移れないところが辛い時もあります。
まだトールの絵具とかがぜんぜんわからないのでどのくらいの作業時間がかかるのかわからないのですが、俄然やってみたくなりました。

木製の額に自分で描いて、中に入れる陶板も自分で描く・・・
とかも楽しそう(まだやってもいないのに)。などど色々妄想を膨らませてしまいました(笑)。
展示会が終わったらまずは体験教室でやってみたいです。
[PR]
by angelo0325h | 2008-02-03 18:22
<< アメリカン☆ヨーロピアン 展示会の日程 >>