ノリタケデザイン100年の歴史

c0124313_22383238.jpg


昨日、横浜のそごう美術館で開催されている「ノリタケデザイン100年の歴史」に
行ってきました。

実は私はオールドノリタケが大好きです。
あのアンティークな感じとか、色盛り、レリーフの立体感はたまりません。

展示数もかなりあったし、何よりオールドノリタケの画帖が素晴らしかった!
実物ではなくて、この画帖が商談の見本になったそう。
それもあってこの画帖の見本の絵のきれいなこと。これだけで芸術です。
アンティークなディナーセットも素敵でした。

美術館の外を出て食器売り場にノリタケのコーナーの一角に、ノリタケのペインターの
方がいらしてデモをしていました。
話には聞いていましたが、私はバラは中央の花芯から描きはじめるのですが、
ノリタケの方はバラは、外側から描いていました。興味深かったです。
[PR]
by angelo0325h | 2007-06-10 22:39
<< バラの箸おき2 桜のリキュールグラス >>